空風ツアーのブログです

空風野生生物調査日記 Part,4

2019年11月14日 14:18

こんにちはー
空風ガイドのまさしです。

もう11月も半月過ぎましたね~
あっという間に年末でオリンピックの年になってしまいそうです。

西表島は朝はかなり冷える秋の日が続きます。
といっても一桁はいかないですけどね。

去年の今頃はまだまだ暑かったような。

そんな今日もなんだかんだ4回目の生物日記行ってみましょう!!
ちょっと見た目が珍しい生き物から行きますよ~

PB140085.jpg

これなーんだ?



答えはトビウオのあかちゃんです!
産まれてあまり月日がたっていないと思われますが、北風が強く吹き込む川には海から流されてきた稚魚が流されてきます。
本日他のツアーでは大人のトビウオを見たガイドさんもいましたよ~

それにしても赤ちゃんからこの姿とは、天性でございます。
わずか3センチくらいでしたが、こんな小さくても一生懸命空を飛んでました。
(※観察後は逃がしましたよ~(^^)/)

次は超絶な進化を遂げた生き物。

PB110096.jpg

オールーチンナイ!!

なんの呪文?みたいな感じで御座いますが、沖縄ではこの生物をこう呼びます。

正式和名はアオミオカタニシ(沖縄方言名・青いカタツムリの意)☆
なんだカタツムリじゃんって思いがちですが~

実はタニシの一種なんですね~
そして緑色に見える部分は胴体の色。
殻は透明なんです。

カタツムリとの大きな違いは出入口(開口部)に蓋があること。
カタツムリは蓋が無いんです。
きっと大昔、水辺の環境を抜け出して陸地を選んだのでしょう。
一部の島では絶滅してしまっている希少な生き物ですよ。


そして今回のラストで紹介したいのはこの生物!!

PB060094.jpg

ドーーーーーーーン!!!
サソリモドキです!!

サソリではございません。
サソリモドキです!

尻尾に毒は無いけど、付け根から酸っぱいにおいを出して威嚇する技を持っています。

とりあえず、かっこいい!!

と、僕は思ってますが、人それぞれですね。
実はいつもガイドしながらこいつをしれっと探してます(笑)

しっぽがムチのような形なので別名ムチサソリとか、酸っぱい匂いから英名でビネガロンとかって言われてます。
見た目の通り肉食です!!

それにしても色もフォルムもかっこいい......

普段目にしない生き物もいたと思いますが、西表島にはただ山道を歩くだけ、川でカヤックを漕ぐだけでは見られない生き物もたくさんいます。

皆様も西表島で好奇心を大切に色々探してみて下さいね~
それでは~

■ コメント (0)


■ コメントする